| | | | | | | |
アクエリアスの風755号「PHPくらしラク〜る♪ エッセー掲載」(2014年8月19日)
アクエリアスの風754号「あり得ないことの連続で…」(2014年5月23日(金))
アクエリアスの風753号「ショパンのお稽古」(2014年4月15日)
アクエリアスの風752号「サクラサク」(2014年3月25日)
アクエリアスの風751号「南海トラフ?」(2014年3月14日(金))
アクエリアスの風750号「男性の“眉カット”」(2014年2月5日)
アクエリアスの風749号「謹んで2014」(2014年1月10日(金))
アクエリアスの風748号「キンモクセイ サク」(2013年10月5日)
アクエリアスの風747号「サクラサク」(2013年3月12日)
アクエリアスの風746号「新年つれづれ」(2013年1月8日)
アクエリアスの風753号「ショパンのお稽古」
(2014年4月15日)

ほっと一息…
☆★☆アクエリアスの風753号「ショパンのお稽古」★☆★☆

実は最近、秘かにピアノの稽古をしている。
私は幼稚園から高校までずっとピアノを習っていた。
「大きくなったらピアニストになる」と言っていた頃もある。

子どもの頃は学校から帰ると、まずピアノに向かった。
ピアノを弾いていると嫌なことも忘れた。

大人になってピアノを弾かなくなって久しい。
でもいつか余裕ができたら、また弾きたいと思っていた。

念願だったピアノのお稽古復活!
「昔とった杵柄」とは、このことか。

ベートーベンのソナタから、リチャード・クレイダーマン、
最近はレディー・ガガ様まで弾けるようになった。

毎日、ヒマを見つけては練習している。
家で、会社で、バスの中で。手のひらの小さなピアノ。

☆★☆★☆★☆

ええ、もちろんiPhoneピアノです。
ステキなアプリを発見したのです。左右の指1本で弾けます。

まあ本物ピアノに比べたら、物足りないっちゃ、物足りないですけど
本物のピアノなら、いきなり名曲は弾けないよ。
長年弾いてないので指が動きません。

夜中にリビングで、手のひらのピアノをかき鳴らす私。
たかがアプリなのに演奏に合わせて体が動く。陶酔、妄想リサイタル。
そんな様子を遠目に、いぶかしげに見つめる息子。

「もしかして、バスの中でも体が揺れてるんじゃない?」
息子は心配そうに尋ねる。
「かもね」と、体を揺らしながら答える私。(演奏中に話しかけないで!)

☆★☆★☆★☆

昔、我が家にグランドピアノがあった。
思い出がいっぱい詰まったピアノだったけど、
主人が亡くなって、わずかなお金と引き換えに手放してしまった。

ピアノの場所がぽっかり空いたのを見ては、いつかグランドピアノを
取り戻そうと思っていたけれど、ピアノのない生活にも慣れた。

「ねえ、そういえばこの家にグランドピアノがあったよね」また息子が尋ねる。
「ああ、あったよね…」(だから話しかけるなって。ショパンのリサイタルなんだから)
「……ぼくが大人になったら買ってあげるよ」

演奏中止。

息子をギューッとして、その日のリサイタルは幕を閉じた。

☆★☆★☆★☆

手のひらピアノは、妄想に一役買うだけじゃない。
緊張して声が上ずる癖のある生徒さんには「2音低い声を出して」と指導するが、
実際に音で示すと具体的にイメージできて、声の出し方を調整しやすい。

また、自分の声が一番響く音程を知ることは、あがり防止にもなる。
「ンー」とハミングして、小鼻がくすぐったい音程。
カラオケで歌い出しに気を遣うように、スピーチでも第一声を意識すると集中しやすい。

手のひらピアノが、いつかグランドピアノに化けるか?(息子よ、ガンバレ!)
リズミカルに華やかに、ちょっと切なく。
ショパンは、今日も私の手の中で旋律を奏でている。

織田直子

〒730-0802 広島市中区本川町2-6-11
TEL: 082-297-4700 FAX: 082-297-4730
メールでのお問い合わせはこちらまで info@aquarius.co.jp
サイトマップ お問い合わせ