| | | | | | | |
アクエリアスの風755号「PHPくらしラク〜る♪ エッセー掲載」(2014年8月19日)
アクエリアスの風754号「あり得ないことの連続で…」(2014年5月23日(金))
アクエリアスの風753号「ショパンのお稽古」(2014年4月15日)
アクエリアスの風752号「サクラサク」(2014年3月25日)
アクエリアスの風751号「南海トラフ?」(2014年3月14日(金))
アクエリアスの風750号「男性の“眉カット”」(2014年2月5日)
アクエリアスの風749号「謹んで2014」(2014年1月10日(金))
アクエリアスの風748号「キンモクセイ サク」(2013年10月5日)
アクエリアスの風747号「サクラサク」(2013年3月12日)
アクエリアスの風746号「新年つれづれ」(2013年1月8日)
アクエリアスの風755号「PHPくらしラク〜る♪ エッセー掲載」
(2014年8月19日)

ほっと一息…
☆★☆アクエリアスの風755号「PHPくらしラク〜る♪ エッセー掲載」★☆★☆

昨日、全国のコンビニ、書店等で発売になった
「PHPくらしラク〜る♪」に、エッセーが掲載されています。
是非お手にとってご笑覧ください。(よければお買い求めください。360円です。)

「トロフィー・ワイフ」って、ご存知ですか。
「君の奥さんは、トロフィー・ワイフだね」というような言い方をします。
「トロフィー・ワイフ」とは「容姿端麗で稼ぎ力のある妻」という意味。

容姿端麗で稼ぎ力のある女性を妻にすることは男として、
トロフィーのように誇らしいということだそうで…。
「そんな都合のいい女性がどこにいるのよ」と、言いたくもなるけど。

「主婦に突然、社長の役が降ってきて」を読んで、「女性と仕事」について
出稿して欲しいという出版社からの依頼で今回の掲載に至りました。

☆★☆★☆★☆ ☆★☆★☆★☆ 

私自身は、キャリア志向も何もないまま運命によって今の立場になり、
生きるための役割を演じているうちに仕事観が育まれました。

これからの女性はもっと若いうちから、自分の可能性を見出して
「愛と自立」を両立させることができると思います。

ここへきて、日本政府も女性の社会進出には力を入れています。
女性が働く環境は、これからどんどん整備されてくるでしょうし、
逆に「女だから」という甘えも許されなくなるでしょう。

まさに「受難の時代」。
「トロフィー・ワイフ」なんて誰かに賞賛されなくてもいい。
自分の中にある「プチトロフィー」を目指して走る!
そして美味しいシャンパンを飲む…こんな感じでどうかしら?

☆★☆★☆★☆ ☆★☆★☆★

子供達の夏休みも終わりに近づきましたが、我が家の子供達は
誰に似たのか、まだ宿題が片付いていません。
毎年毎年なんでこうなるのか。ここにも受難あり、、、です。

天候不順な残暑ですが、どうか健やかにお過ごしください。

織田直子

〒730-0802 広島市中区本川町2-6-11
TEL: 082-297-4700 FAX: 082-297-4730
メールでのお問い合わせはこちらまで info@aquarius.co.jp
サイトマップ お問い合わせ